契約内容を把握

家具

賃貸住宅に住むというのが一人暮らしや結婚生活を始める際には一般的な選択肢です。これから先に転勤やライフイベントによって引越しや住み替えが必要になる可能性が高いことから持ち家を持つことがあまり得策ではないということもあって、若いうちは賃貸住宅を借りて生活をするというのが賢い方法なのです。 しかし、必ずしも一般的な賃貸マンションやアパート等に住むのが唯一の選択肢ではありません。もし住み替えや引越しの頻度が高いことが予想されるのであれば、マンスリーマンションで生活するという方法もあります。最近では、比較的長期で住む人のことを考えて半年や1年間といった契約方法も生まれてきており、選択肢として選びやすくなってきています。

賃貸物件を借りる際には基本的には2年間の契約であり、物件によってはそれより短い期間で解約すると違約金が発生してしまいます。交渉次第で短くすることもできる場合がありますし、告知をすれば短くても違約金が発生しない場合もありますが、ある程度長い期間住むことが前提になっているのが賃貸物件です。これに対してマンスリーマンション等では短期間住むことが前提になっているため違約金の発生に関する懸念がありません。 一方、毎月の賃料という視点では一般の賃貸住宅の方が有利です。しかし、それ以外にかかる諸費用として、礼金等の初期費用や家具の購入費用、引越し費用などを考えるとマンスリーマンションの方が安上がりになるのも珍しくはありません。基本的に初期費用はかからず、家具はついているのが一般的だからです。