良い見晴らしの家
大きな家

掛かる費用とは

自然豊かな土地でゆったりとしたひとときを過ごせます。伊豆の別荘をお考えの方はコチラへ。ご希望に沿った物件をご紹介します。

最近は二世帯住宅も増え、住宅にかける予算があることから注文住宅を建てる人が増えている現状です。住宅を建てる人は多いですが、実際にかかる費用をよく知っている人は多くないです。ここでは注文住宅を建てるときの相場や費用などを紹介します。住宅を建てる時の費用の目安になるのが、坪単価というものです。一坪の平均費用をだしたものですが、これはハウスメーカーや工務店によって建物面積に含まれている部分と含まれていない部分があるため、注意が必要です。またほとんどの業者は坪単価は住宅の本体価格だけでだしているため、外構の費用などは含まれていないのです。よってそういった総費用で予算を考えて行く事が肝心です。一般的には本体価格よりも2〜3割は余分に費用がかかると思っておいて良いです。

注文住宅を建てる時に総費用をだすことは大切ですが、もうひとつ先の事まで考えてみるとより良いです。つまり実際に生活がはじまった時の事です。生活がはじまれば必要な電化製品はそろえなくてはならないです。またカーテンやエアコン、家具などもそろえていかなくてはならないです。こういう予算をはじめにとった注文住宅作りをやらないと、後々大変です。注文住宅の単価としては木造住宅が一番安く、次に鉄骨造になり一番高いのが鉄筋コンクリート造になるのです。安く費用をおさえたいと思う人は、できるだけシンプルな住宅を作ることを心がけると良いです。また土地を買って住宅を建てる場合は土地の形状としては、正方形に近い方が住宅を建てやすく費用が安くなる事を覚えておいた方が良いです。